米肌の保湿効果ってどう?13人の口コミから調査

お米に秘められた美肌成分、ライスパワーNo.11を配合した「米肌」。その効果や実際の使用感などを、独自に集めた16人の口コミから詳しく調査しました。

お米や大豆、ビフィズス菌などで深く潤う「米肌」の特長

  • お米由来「ライスパワーNo.11」の水分保持能
  • 4つの技術で、浸透し留めて守る
  • 保湿だけでなく肌全体のトラブルにアプローチ

まずはたっぷり試せるトライアルキットを購入しました

米肌愛用者の年代(当サイトの口コミから)

20代  30代 40代 50代~
2人 12人 2人 0人

最多は30代。人気があるブランドなので、20代から40代まで幅広いユーザーがいます。

米肌の保湿力をチェック!

肌チェッカーを使って、米肌の保湿力をチェックしてみました。

洗顔前

顔を洗う前の数値がこれです!

水分36%・油分35%。蒸し暑い日だったので、ちょっとべたつく感じの肌です。
では、早速トライアルキットを使って見ましょう!

洗顔→化粧水→エッセンス→クリーム の順通り使ってみました。

使用5分後

トライアルキットを使用して5分後、再度肌チェッカーで計測してみました!
その数値がこれです。

あら~潤っていますね~。そして、洗顔で油が落ちたのか、油分も少なめでいい感じ!
見えにくいですが、弾力のマークもにっこりマークです。

使用3時間後

そしてそして、塗布後3時間後に再計測!
その結果がこれ。

まだ水分もいい感じでキープできていますね。
そして驚いたのが、油分も低い数値をキープしていること。
潤っているのに、べたつかない!

  洗顔前 使用5分後 3時間後
肌の水分量 36% 53% 49%
肌の皮脂量 35% 16% 18%

3時間後でも、保湿キープ力はなかなかの数値ですね。

総合保湿力 13%UP
保湿キープ力 92%キープ
最大保湿力 17%UP

米肌の使用感をチェック!

化粧水はさらっとした付け心地。
でも、軽すぎず、しっかり肌に浸透するのが分かる感じでした。

化粧水はさらっとした使用感

そして、クリームの前につけるエッセンス。
ライスパワーNo.11を高濃度に配合した美容液とカタログには書いてあります。
しっかり両手で包み込むようになじませていきます。
ジェルのような軽い付け心地で使い心地のよいエッセンスでした。

エッセンスはジェルのような軽い付け心地

最後にクリーム。開けた瞬間、「うわーなんかニベアのクリームみたい・・・」とべたつきが嫌いなので、ちょっと躊躇。
でも、つけてみるとなめらかで伸びよく思ったより軽い付け心地でした。
少量でも十分潤う感じ。

こっくりとしたクリームだけどべたつき感は少ない!

アイテムを全部使った肌は、いやなべたつき感などはなく、ふっくらと柔らかい仕上がりでした!

保湿効果を感じた人の口コミ

お米由来のライスパワーNo.11をはじめ、たっぷりの保湿成分で肌を潤す米肌。本当にしっかり潤うのか、実際のユーザーの声を見ていきましょう。

びんちょうさん(40代)乾燥肌

化粧水の浸透も悪くなかったし、一番保湿力が高かったのが美容液です。

これを付けると肌がしっとりもっちりしてくれて、ライスパワーの威力を実感できました。

各アイテムの相互作用で、肌に潤いを留めておいてくれて、乾燥が気にならない肌でいられます。

日中のメイクが崩れにくかったし、かさつき肌とは無縁でいられました。

理沙さん(30代)乾燥肌

シリーズで使うと、ずっと肌が潤っていて、乾燥肌を忘れたようになります。

特に化粧水が気に入って本商品を購入しました。

トロミがあるテクスチャーですが、ベタつきが一切ないので、角質層のすみずみまで行き渡り、毛穴一つ一つが水分補給されキメが整いふっくらしました。

友達100人さん(30代)敏感肌

もちもちとした肌感触だけど、べたつかずサラサラとしたテクチャーです。

全体的に肌がふっくらとして、水分を十分蓄えられてると実感できるほど保湿力が高いです。

敏感肌なので天然由来のものを使用したいと思いますが、この米肌はお米の発酵成分由来で安心してお肌にのせる事が出来ます。

Saoriさん(30代)混合肌

私の場合は化粧水とクリームだけでもかなりの保水・保湿効果が感じられ、この2つを継続しています。

ふと頬杖をついた時などに「頬がモチッとスベスベしている!」と驚くことが増え、ずっと触っていたくなるような肌質になりました。

いわゆる赤ちゃんのような肌を、30代になっても感じることができて嬉しかったです。

アンケートでは、肌がしっとりもっちりする、柔らかくなる、と異口同音に保湿力の高さに驚く口コミが集まりました。

回答者には敏感肌や乾燥肌の方が多かったですが、そういった乾燥しがちな肌の方も満足できる保湿力ということですね。

米肌にはライスパワーNo.11をはじめ、6つの保湿成分が配合されています。

少しずつタイプの違う保湿成分がバランスよく配合されることで、色々なタイプの乾燥に対応できます。

また、ライスパワーNo.11にはただ保湿するだけでなく、肌自体の水分保持力を改善する働きがあるので、潤いを保ってふっくらとした肌を維持できるようになります。

お米から抽出されるエキスをメインとしているので安心して使える、という方もいました。

米肌は香料や着色料を使わず、鉱物油や界面活性剤なども極力使わないようにしています。また、アレルギーテストもクリアしています。

乾燥しがちな肌はダメージに弱く敏感になっていますが、そうしたデリケートな肌にもおすすめです。

美肌効果についての良かった口コミ

高い保湿力で肌のコンディションを全体的に整えられるので、乾燥だけでなくシワやたるみ、毛穴の開きなどのトラブルも改善できるとされています。

本当に美肌効果があるのか、口コミからチェックしましょう。

マカロンさん(40代)普通肌

クレンジングは洗顔も洗い上がりの肌がつっぱらない上、しっとりするだけではなくキメが整い気持ちが踊ります。

化粧水も肌につけた瞬間、ぐんぐん吸い込んでいき、肌にナチュラルなツヤがでます。

クリームも伸びや吸収も良い感じです。

翌朝、ハリが出て、鏡を見た時に何歳かは若返った肌質を実感しました。

さくらさん(30代)乾燥肌

米肌を使用してから、お肌に張りや潤いが戻ってきただけでなく、目じりの小じわやたるんでいた毛穴もしっかり改善されました。

いわさきさん(30代)乾燥肌

石鹸がとっても良かったです。

泡がとっても決め細やかに作れたので、毛穴の黒ずみが取れ、毛穴も気にならなくなりました

また、洗い上がりがツルツルして、透明感が出て、心なしか肌が明るくなったように感じました。

みぉさん(30代)混合肌

米肌を使うと翌日の肌が全然違います。

どんなに前日に肌を酷使しても、米肌を使用した翌日は肌がしっかりとリセットしてくれて、化粧のノリが悪くなることがありません。

ハリが出て若々しくなった、シワや毛穴の開きが改善したなど、様々な悩みに効果を実感できたようです。

保湿は肌の要。しっかり潤うことで、乱れていたキメが整いますし、ふっくらと弾力のある肌になってシワや毛穴にも効果があります。

また、ターンオーバーも活発になって新しい肌にきちんと変わっていくので、くすみやカサつきもなくなっていきますね。

米肌のライスパワーNo.11はただ保水するだけでなく、肌の水分保持力を高めるという働きがあり、肌質自体を改善することができるので、こうした様々な肌トラブルにもアプローチできるというわけです。

乾燥はもちろん、シワやくすみなど色々な悩みがあるという方に、米肌はおすすめです。

大人なデザインのパッケージがgood!

米肌は効かない・合わないと感じた人の悪い口コミ

高い保湿性と、潤いで肌全体を美しく導く米肌ですが、中には合わなかったという方もいます。

そうした悪い口コミもチェックしておきましょう。

M.ysdさん(30代)乾燥肌

つけた瞬間から化粧水がさーっと蒸発する感じで、肌に全く浸透していきませんでした。

化粧水を何度か重ね付けしましたが、なかなか肌に馴染んでいかず、ただの水を肌に付けたような感覚でした。

アルコールのにおいも気になりました。

ソニックウインドさん(20代)敏感肌

友達にすすめられて試してみました。

石鹸のクリーミーな泡立ちは気に入りましたが、化粧水はなんとなくベタベタした感じで合いませんでした。

つけた時はそうでもないのですが、メイクをするときに違和感がある感じ。

友達は気に入っていたので、人によるのかなと思います。

カナリアさん(30代)乾燥肌・敏感肌

石鹸がなかなか泡立ちませんでした。

化粧水は使い心地はいいのですが保水力が足りず、量を使うのですぐになくなってしまいました。

クリームも手や指に吸収されてしまうようで、量が足りませんでした。

peloさん(30代)乾燥肌

洗顔の洗いあがりはすっきりしていましたが、お風呂から出るとすぐつっぱってしまいました。

あわてて化粧水をつけたものの、直後からピリピリと刺激を感じました。

パッティングの後も肌に浸透したというより揮発していくように感じました。

エッセンスも潤いをあまり感じられませんでした。

悪い口コミには、肌に浸透しない、乾燥してしまうといった意見がありました。また、無香料のため成分のにおいが気になるという方もいました。

米肌は浸透力を高めるために、各アイテムのステップごとに特別な技術を用いるなど工夫していて、「浸透力がありすぎて顔につける前に手に染み込んでしまうので困る」という意見もあるほどでした。

しかし肌質など条件によっては、潤いを実感しにくい場合もあるようです。

潤いの詰まったとろっとしたテクスチャーも「ベタベタ」と感じるなど、使い心地の好みにもよりますね。

こうした肌との相性や好みは、やはり実際に使ってみないことには分かりません。

米肌は4アイテムで1,389円とお手ごろ価格でトライアルができるので、まずは試してみるのが良いでしょう。

米肌が安く買える販売店は?

米肌は店頭販売はなく、通信販売限定のシリーズです。公式サイトの通販ショップで購入できるほか、Amazonや楽天でも取り扱いがあります。

ただし、Amazonや楽天で販売しているのはコーセーではなく、非公式のショップです。

以下、公式サイト通販ショップ、Amazon、楽天の価格をまとめました。価格は2018年4月時点のもので、税別表示です。

公式サイト通販ショップ
14日間トライアル潤い体感セット:1,389円(送料無料
Amazon(非公式)
該当商品なし
楽天(非公式)
14日間トライアル潤い体感セット:1,389円(送料別)

公式ショップと楽天の価格は同じですが、公式ショップなら送料無料です。

また、公式サイトのショップにはお得になる定期購入があります

米肌シリーズは、定期購入を申し込むと同じ商品を1つプレゼントしてもらえます。さらに、定期購入4回目、7回目・・・と3回ごとに購入と同じ商品をもらえます。

つまり、3個分の値段で4個買えるということで、商品によって25~27%割引と同等になります

米肌に配合されているライスパワーNo.11は、肌の水分保持力を改善できる成分ですが、その力を最大限に引き出すためには、きちんとしたお手入れを継続することが重要です。

長く付き合っていくことを考えると定期便が便利ですし、コストも抑えられるのでおすすめです。

米肌ユーザーの有名人も多数

お米の力で肌の保水力をアップさせ、美しい肌へと導く米肌。

美しいさにこだわる有名人・芸能人にも愛用者が多くいます。

  • モデルの中村アンさん
  • ものまねメイクで有名なざわちんさん
  • タレントの佐藤かよさん
  • モデルの森貴美子さん
  • 歌手でタレントの藤本美貴さん
  • モデルで女優の榊原美紅
  • アーティストでモデルの紅林大空さん

などなど、モデルさんなど肌がきれいな方ばかりです。皆さん「米肌は肌の調子がよくなる」と、ブログなどで紹介しています。

肌の調子、美しさには人一倍気遣って、きっと色々なものを試しているであろう芸能人がおすすめするということは、それだけ効果にも期待できますね。

雑誌でも度々取り上げられる注目ブランド

米肌は、様々な雑誌でも人気のコスメブランドとして紹介されています。

  • VoCE
  • LEE
  • 美的
  • MAQUIA
  • 美人百花
  • AneCan
  • andGIRI
  • ar

・・・などなど。

2012年の発売以降、毎年様々なメディアで取り上げられています。

毎年いくつもの新製品が発売されるコスメ業界において、これだけ根強い支持を集めるというのはなかなか難しいことです

それだけ多くの人が効果を実感しているということですから、試さないのはもはや損です。

米肌はどんな化粧品?詳しく解説

ライスパワーを取り入れた保湿スキンケアコスメの「米肌」。その価格やライスパワー、そのほかの成分など、詳しく解説します。

トライアルセットの価格・内容

米肌の基本スキンケアアイテムをまとめて試せるのが、14日間トライアル潤い体感セットです。

2週間分とたっぷり試せるので、ライスパワーの効果をしっかり確認できるでしょう。

マスクも付いたトライアルキット

14日間トライアル潤い体感セット(1,389円)
肌潤石鹸、肌潤化粧水、肌潤改善エッセンス、肌潤クリームの4点に加えて、非売品の肌潤化粧水マスク1枚もプレゼント。

価格は税別、送料は無料です。

ちなみに米肌にはほかにも、活潤シリーズ3点が試せる「集中ハリ体感セット」、澄肌シリーズ4点が試せる「澄肌美白お試しセット」があります。

主な本商品の価格

主な商品の価格(税抜額)は以下のとおりです。ここではトライアルセットで試せる4点を紹介します。1番人気は肌潤化粧水です。

なお、使える期間の目安は公式サイトの商品説明を参考にしています。

肌潤石鹸 80g(約2~3ヶ月分) 3,500円
肌潤化粧水 120ml(約1~1.5ヶ月分) 5,000円
肌潤化粧水つめかえ用 110ml(約1~1.5ヶ月分) 4,500円
肌潤改善エッセンス 30ml(約1~1.5ヶ月分) 7,000円
肌潤クリーム 40g(約1~2ヶ月分) 5,000円

ライスパワーNo.11など保湿成分たっぷり

米肌はどの商品にも、ライスパワーNo.11をはじめとする保湿成分がたっぷり配合されています。

  • ライスパワーNo.11
  • 大豆発酵エキス
  • ビフィズス菌発酵エキス
  • グリコシルトレハロース
  • 乳酸Na
  • グリセリン

特筆すべきはライスパワーNo.11です。

これはお米を発酵、熟成して生成されたエキスで、「肌自ら潤う力(水分保持能)」があります。

肌の潤いには欠かせないセラミドを生み出し、角層に水分を保つ力があるのです

ライスパワーNo.11は厚生労働省に「水分保持能を改善できる」と唯一認められた有効成分です。

特に高濃度で配合している肌潤改善エッセンスは、医薬部外品になっています。

古くから「米のとぎ汁は肌をきれいにする」とか「日本酒を作る杜氏の手は白くシワがない」などと知られてきた米の美肌作用も、ライスパワーによるところだったわけですね。

加えて、空気中の水分さえ自ら取りむグリコシルトレハロースや乳酸Naなど、保湿作用の高い5つの成分も配合されています。

乾燥肌と一口に言っても様々なタイプがありますが、複数の成分で多角的に湿潤ケアができるので、その人に必要な保湿ケアができるでしょう

また、肌内部の状態から整え、健やかな肌状態へと導くことで、キメや毛穴、シワなど、乾燥以外の肌トラブル改善へとつながり、美しい肌を目指せます。

高浸透・高保湿を実現する4つの技術

どんなに潤い成分が入っていても、肌の奥に浸透しなくては意味がありません。

また、浸透した潤いをしっかり守らなければ、肌から水分が蒸発してさらに乾燥してしまいます。

そうならないためには、浸透力と保湿力が重要です。

  • 浸透しやすい肌を作る「ブースターバブル」洗顔
  • 角層をゆるめてすばやく浸透する「モイストリレー効果」
  • 独自の浸透技術「モイストインジェクション処方」
  • 潤いをキープして外的ダメージから守る「モイストキープ&バリア効果」

米肌にはケアのステップにあわせて4つの技術が採用されていて、潤いを肌の奥まで浸透させ、留め、守ることができます。

米肌に似た化粧品ブランド

以下のコスメブランドは、米肌と似たコンセプトや成分などで比較されやすいものです。

ライスフォース
ライスパワーNo.11をはじめとする、複数のライスパワーエキスを配合したスキンケアブランド。米肌と価格も同じくらいなのでよく比較されます。
肌極
同じコーセーのブランドでライスパワーNo.11を配合しています。米肌より少し安い価格帯です。
ディセンシア
ポーラオルビスグループの敏感肌用コスメブランド。米肌とタイプは違いますが保湿力が高い商品ということで比較されやすいです。

米肌の効果的な使い方は?

トライアルキットの場合、以下のような順番で使用します。

  1. 肌潤石鹸
  2. 肌潤化粧水
  3. 肌潤改善エッセンス
  4. 肌潤クリーム

それぞれの適量、使い方は以下のとおりです。

肌潤石鹸

  1. 手のひらと顔をぬらしてから、両手のひらでたっぷりと泡立てます。
  2. 泡をクッションにするように、手のひら全体で軽くらせんを描くように優しく洗顔します。
  3. 顔全体に泡が行き渡ったら、ぬるま湯で、洗い残しがないように流します。
  4. 石鹸は泡と水気をよく切って保管します。

肌潤化粧水

適量は500円玉硬貨大くらい。

  1. 手のひら、またはコットンにとり、ポンポンと肌に押しこむように優しくパッティングしながらなじませます。
  2. 最後に手のひらで、顔の中心から外側へと優しく引き上げながらハンドプレスします。

肌潤改善エッセンス

適量はポンプ2プッシュ分くらい。

  1. 手のひらに取り、顔の中心から外側へ、下から上へ意識しながら全体にのばします。
  2. 手のひらで顔全体を包みこんでハンドプレスします。

肌潤クリーム

適量はパール1粒分くらい。

  1. 指先にとり、あご・両頬・鼻・ひたいの5ヵ所に少量ずつ置きます。
  2. 顔の中央から外側へ、下から上へと意識しながら全体にムラなく丁寧にのばします
  3. 手のひらで顔全体を包みこんでハンドプレスします。

それぞれの適量や使い方は公式サイトでも画像を交えて紹介していますので、チェックしてみてください。

無料モニターやお試しサンプル・試供品は配布している?

過去には無料モニターの募集などがあったようですが、現在は確認できません。

ただ、公式サイトで米肌製品を購入すると貯まるポイントを、一部商品のサンプルに交換できます。また、公式サイトで募集している「米肌アンバサダープログラム」に登録すると、モニターやイベントに参加できるようです。

総合して、一番手軽に試せるのは3種類のトライアルセットです。

米肌をはじめて使うという方は、ベーシックな「14日間トライアル潤い体感セット」がおすすめ。

本商品に比べてかなりお得な価格で、2週間たっぷり試せます。

米肌の製造元はどんな会社?

米肌を販売しているのはコーセープロビジョン株式会社。コーセーのグループ企業です。

コーセーは1946年に創業。「美の創造企業」として、化粧品を中心に様々な事業を展開しています。

グループにはジルスチュアートや雪肌精、アスタブラン、ヴィセなどの人気ブランドが多数あります。

それぞれのブランドごとに、オーガニックや敏感肌向け、エイジングケアなどのコンセプトの下に開発されていて、米肌もそのひとつです。

グループが取り扱うアイテムもスキンケアやメイク、ネイル、ヘアケアなど商品の種類は多岐にわたり、女性向けだけでなく、男性向けのものも多いです。

誰でも一度はコーセーグループのコスメを使ったことがあるのではないでしょうか。

米肌の商品ラインナップ一覧

トライアルで試せる4つは、米肌の中でも「肌潤」を冠する基本的なスキンケアアイテムです。

同じ肌潤シリーズにはクレンジングやジェルクリーム、アイクリームなどもあります。

そのほかには、ハリのある肌へと導く「活潤」、美白ケアに特化した「澄肌」のシリーズがあります。

肌潤のアイテムを中心に、肌の調子や悩みに合わせて活潤や澄肌のアイテムを組み合わせると、より理想的な美肌ケアができるでしょう。

また、日焼け止めやベースメイク、ハンドクリーム、コットンなどのアイテムもあります。

トライアルに付いているマスクは非売品ですが、販売しているコットンやローションマスクに化粧水を含ませれば、似たパックが作れますよ。

どんな成分が入っているの?

トライアルセットに入っている4商品の全成分は以下のとおりです。

肌潤石鹸

全成分

カリ含有石ケン素地・水・ラウリン酸・グリセリン・オリーブ油・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・トコフェロール・ビフィズス菌発酵エキス・ポリクオタニウム-51・BG・エタノール・クエン酸・スクロース・加水分解水添デンプン・結晶セルロース・乳酸Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン

肌潤化粧水

全成分

水・BG・エタノール・グリセリン・ジグリセリン・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・ビフィズス菌発酵エキス・EDTA-2Na・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・オクチルドデカノール・キサンタンガム・クエン酸・チオ硫酸Na・リン酸2Na・加水分解水添デンプン・乳酸Na・メチルパラベン

肌潤改善エッセンス

有効成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)

全成分

精製水・ 1.3-ブチレングリコール・濃グリセリン・エタノール・セトステアリルアルコール・ dl-α-トコフェロール・オレンジ油・グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液・ビフィズス菌エキス・納豆エキス・アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80 ・エデト酸二ナトリウム・クエン酸・チオ硫酸ナトリウム・バチルアルコール・ベヘニルアルコール・ポリオキシエチレンコレステリルエーテル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、メチルポリシロキサン・リン酸一水素ナトリウム・水素添加大豆リゾリン脂質、乳酸ナトリウム液・無水エタノール・流動パラフィン・フェノキシエタノール・メチルパラベン

肌潤クリーム

全成分

水・BG・メドウフォーム油・グリセリン・スクワラン・トリエチルヘキサノイン・セテアリルアルコール・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・トコフェロール・ビフィズス菌発酵エキス・EDTA-2Na・エタノール・キサンタンガム・クエン酸・ジメチコン・ステアロイルメチルタウリンNa・チオ硫酸Na・ベヘニルアルコール・リン酸2Na・加水分解水添デンプン・水添レシチン・乳酸Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン